遊びに来る事になったトフィーさんを空港のロビーで出迎えるべく、わたしは自動ドアの奥を見つめていた。
出会ってから、今まで数え切れないほど言葉を交わして来たが、会うのはこれが初めてだ。

飛行機の到着時刻が15分ほど遅れ、わたしは雪見大福2つをペロッと平らげてしまった。
一つはトフィーさんにあげようと思っていたのになあ。
心の中でつぶやいて、我慢できなかった自分を、遅れた飛行機のせいにして甘やかす。

「分かりやすいようにアジの干物(生)色の帽子かぶっていくねー!」
事前にそんなやり取りをしていた事を思い出しながら、わたしはベレー帽をかぶり直し、短くした前髪を整えた。

少ししてアナウンスが飛行機の到着を知らせ、自動ドアから吐き出された旅行者達は、出迎えてくれた見知った顔に、思い思いに手を振っていく。
それをぼんやりと眺めていたわたしの目の端に、また一人手を振る人影がうつる。
赤いロングスカートを、掌と同じようにひらひらと揺らしながら、彼女はわたしに向かって微笑んだ。
トフィーさんだ!

立ち上がって、思わず駆け寄る。
「遠くまでお疲れ様。ようこそ!」
「迎えありがとうね」
そう言ってトフィーさんの眼鏡の奥の瞳がくるりと光った。


「なっちゃん割とイメージ通りなんだけど。わたしはすぐ分かった?」
そう聞かれて、わたしは少し興奮気味に答えた。
「それが手え振られるまで気づかんかったんよ〜。わたしな、もっとすごい巨漢の人が来ると思っとったん」

 

し つ れ い な !!

 

だってトフィーさんが事前に、リバウンドして今、史上最大規模トフィーだって言うから……。

失礼なわたしをたしなめることもなく、
「わろろwwwwwwハードル上げといて良かったwwwwww」
いつもと変わらない様子で返してくれたトフィーさんが輝いて見えた出会い編でした!(笑)

 

(あれ?巨漢の「漢」って男って意味よね……。

まぁいっか!!)

f:id:himojo_zemi:20161026081612j:image

道中の人間観察に関する会話は追って公開していきますのでお楽しみに!

【次回予告】
次回更新は10月30日(日)
「干物女の恋愛事情~トフィー編~」
道中の会話を対談形式で切り取って、なつめがお届けします。

以前、opensocial-actionscript-clientライブラリはflex向けとか書きましたが

Opensocial-actionscript-client is an Opensocial library for Actionscript/Flex/Flash

とあるように、Flashでもいけそうですね。では試してみます。

opensocial-actionscript-clientライブラリを用意する

google codeにソースコードがあります。

http://code.google.com/p/opensocial-actionscript-client/
Downloadする

Downlows tabのところにあります。このプロジェクトではsubversionにtagが存在していないようなので、こちらのDownloadsリストに各バージョン(tagにあたるもの)がリストされているようです。

Document
  • google code wiki
http://code.google.com/p/opensocial-actionscript-client/w/list
com extgenappopensocialMessage.as
**Error** os-as-lib-081-02srccom
extgenappopensocialMessage.asMessage.as、行 14: 1202: パッケージ message 内の未定義のプロパティ com.nextgenapp.opensocial へのアクセスです。
     public static var Type:Class = com.nextgenapp.opensocial.message.Type;

おっと、Message.asでimport漏れがあるようです。

com
extgenappopensocialMessage.as

importしてあげます。flexだとエラー出ないのだろうか?

import com.nextgenapp.opensocial.message.Type;
flex_sdk_3.3frameworksprojectsframeworksrcmxcoreVersion.as
**Error** flex_sdk_3.3frameworksprojectsframeworksrcmxcoreVersion.asVersion.as、行 18: 1004: 名前空間が見つからないか、コンパイル時定数ではありません。
     mx_internal static const VERSION:String = "3.3.0.4852";

flex SDK内のVersion.asのエラー。よく分かりません。CS4ではエラー出ませんでした。

com extgenappopensocialstandardStandardDataRequest.as

これはflashだとクラスとして認識出来ないのでしょうか。

**Error** os-as-lib-081-02srccom
extgenappopensocialstandardStandardDataRequest.asStandardDataRequest.as、行 25: 1046: 型が見つからないか、コンパイル時定数ではありません : StandardXMLOS。
     private var _xmlFunctions:StandardXMLOS = null;

**Error** os-as-lib-081-02srccom
extgenappopensocialstandardStandardDataRequest.asStandardDataRequest.as、行 30: 1120: 未定義のプロパティ StandardXMLOS へのアクセスです。
     _xmlFunctions = _container.xmlFactory as StandardXMLOS;

これ以外にもWarningが沢山出ました。やる気が失せたので、opensocial-actionscript-clientはしばらく放置しますよ!
とりあえず今後は、opensocial-as3-clientの方をもうちょっと見ていきます。

上大沢ダム

2018/07/06

10/4、宮城県大崎市、上大沢ダムに行ってきました。


f:id:kazu_ma634:20151124080834j:image:w400
アースダム*1。


f:id:kazu_ma634:20151124080835j:image:w400
天端*2。


f:id:kazu_ma634:20151124080836j:image:h400
f:id:kazu_ma634:20151124080837j:image:w400
下流側から見る。


f:id:kazu_ma634:20151124080838j:image:w400
ダムを後ろから。


f:id:kazu_ma634:20151124080839j:image:w400
ダム湖、かむろ湖


f:id:kazu_ma634:20151124080840j:image:w400
天端の奥の山々を見るとスキー場のようだ。


f:id:kazu_ma634:20151124080841j:image:w400
洪水吐*3。


f:id:kazu_ma634:20151124092750j:image:w400
ダムカード。
大崎地方ダム総合事務所で平日配布。

*1:おもに土を使って造られたダム、規模は小さく貯水池や調整池として使用されることが多い

*2:ダムの一番上の部分

*3:洪水に対処するため設けられた放流設備

愛用の0.38シグノの替え芯を買いに文房具屋さんへ。

細く長く続いている典型のようなお店で、

その市の人に言えば「あぁ~!」とみんな知っているお店が

最近のお気に入り。

これからも続いてほしいと思うので、

私の購入品はたかが知れているけれど、そこで買う。

小さく見えて奥行きのあるお店で、女子力の高そうな文具から

うちの夫の好きそうな実用的なものに万年筆に…と網羅していて

あなどれない。

最近は「よく買うお客さん」と認知されてきたのか、

「読んでみてください」と渡されたのがコレ。

Bun2で、ブンツー!文通?!とドキッとしてしまったけれど、

中身は文房具に関することを各種網羅。

夫の社報(社長の訓示などなど)まで読む私が文房具関連の雑誌を

読まないはずがない!

気になったのは女子力の高そうな付箋。

私が使いこなせるかどうか謎。

もう一つ、知らなかった。

三菱鉛筆では入社式でuni鉛筆を小刀で削って入社の抱負や目標を書くらしい。

いろいろと面白いことをどの会社でもしているものなのね~。

にほんブログ村 その他生活ブログ 手紙・はがきへ
にほんブログ村

上の子が、いわゆる反抗期らしいです。

これが「反抗期らしい」と自覚したのは、もちろん他の人に言われたからなんですが。いつも行く子育て支援センターの先生に、上の子が怒り口調で話したのです。それを聞いて先生が私に、「○○ちゃん、反抗期なんじゃないの?」って笑っておっしゃって。その時私は、「こんなのいつものことですよ〜」と思った程度だったのですが…。

数日後に、予防接種か何かでいつもの病院へ行ったら、これもいつもの看護師さんに例の口調で口ごたえか何かをして。それでその看護師さんに「○○ちゃん、話し方変わった?」って私に…。上の指摘を覚えていた私はとっさに、「反抗期なんです〜」って答えて謝ったのですが。でも、どうやら本当に反抗期みたい…!?

きわめつけは先日の出来事。食事中に何かが気に入らなかったのか、また怒り口調で話しはじめ、身の回りの何もかもがイヤになってきたよう話し方。嫌いな食べ物を投げる、お箸を投げる! こちらが言葉で応戦すれば、さらにあちらはあちらで理屈で攻める! 理屈といってもまだ幼児、支離滅裂なところはあるのですが、それでも、文章で対抗してくるのには、なんだかそっちに驚いてしまって、ついつい、話の筋がそろってないことなんて後まわしになってしまいます。そして、何か都合が悪くなってくると、「およよよ〜」とか言って、ふざけて逃げる…。

「お前は中学生(の反抗期)かい!」とつっこみたくなる、始末。だって、世の中の何もかもに意味なく怒ってるから。その時はもう負けました。(涙)

魔の2歳児はとっくに終わってるのに、この反抗期って何?

まだ幼児なんだし、この頃ってもっとぼーっとしてるか、気に入らないと泣きわめくくらいしかまだ知恵がない、と思ってたのに。もともと言葉がわりと早い子なんですが、いや、子供なれども、あなとどり難し。大きくなったと褒めるべきでしょうが、どうして良いのかわからず…。もしかして、きっと、私の叱り方が悪いせいでしょうか? いやきっと、そうに違いない……。(泣)

その時は、かなり自信をなくして、翌日、またセンターへ出向き、「反抗期」を指摘してくださった先生に少し相談いたしました。そうしたら、あっさりと。「言葉が達者だろうが、このくらいの子供はまだまだ「自分が一番」。幼稚園などで他の人と関わることで、人を傷つけてはいけないことなども学ぶでしょう(嫌われたりするから)。今はただ、真に受けずに、言いあってみるもよし、聞き流すもよし、関わるのを適当に楽しんで!」とのこと。

そうなんですかぁ〜。その後、育児書らしいものもうちにあるので引っ張り出してきたのですが、それっぽいことが教科書らしく書いてありました。

次第に大人の反応を予測してそれに同調したり、社会的な評価に敏感になって、自分の行動を抑制するようになる。

などなど。ふむふむ。

というわけで、一応は納得のいく解決は(頭では)できたのですが…。でも、バトルはまだまだ続きそうです。はぁ〜。

2月某日

2018/07/03

f:id:boundary-line:20150228190400j:image

また今月ものぼる氏 ( id:Borom )の部屋に遊びにいった。今日はだらだら話がしたかったので、前もって連絡して時間を作ってもらった。

 

今月は、ほぼ引きこもりで過ごしたので、誰かとだらだら話がしたいと思ったのだけれど、誰でも良い訳ではない。

 

会うと決まってから「何を話そうか」と考え始めたのだけれど、「項目は…」という感じでポメラに書き出してみようとして、「会議をする訳じゃないんだ!」と、考えるのを止めた。学生時代、友人と会って話すのに理由なんて無かった。

それでもぼんやり思っていたのは、「もう『スナックのぼる』はやらないのか?」ということだ。

 

『スナックのぼる』は、私が関西に戻って来た2013年、のぼる氏の部屋で不定期に開催された、話すテーマがあるような、ないようなという内容をUstで放送する小さな「飲み会」だった。

私としては、横須賀に住んでいた時に通っていた、BARのような飲み友達との出会いが、関西でもつくれると楽しみにしていた。しかし2013年末には、のぼる氏の有耶無耶なコメントが続くようになり開催されなくなった。

 

そんな昔のことを忘れられないのは、関西に戻って以来、「新しい出会いが無いな」と思っているからだ。「誰でも友達になりますよ」と言えるほど自分は人間が出来ていないし、新しく出会う人と何を共通の話題にして良いのか分からなくなっている所もある。

理想としては新しく何かを作り始めようとする時に、「ちょっと思ってるんだけど…」という軽い話に、軽いフィードバックを対面でくれる人が欲しい。

それがのぼる氏に話した、「趣味を持っている人」だ。その趣味は私自身が得意と思っている写真じゃなくても良い。写真なら私がフィードバックを返しやすいだけだ。

楽器を弾く、絵を書く、文章を書く、そういう「自分の時間を使って、何かを作るという意思」を持っているということが、共通の認識を持って何かの出口を見るという瞬間を生むのだと思う。

 

のぼる氏に聞きたかったのは、『スナックのぼる』についてだったけれど、帰りの電車の中で思ったことは、細目ではなく、「あの場の空気感よかったな。」ということだ。

互いにSNSで言葉を交わしたり、ブログで言及したりすることは、いつでもできるけれど、ログを読んで文字列をやりとりするのではなく、言ったそばから消えてしまうもので、共通の認識があるということを確認できた、ということに「世界がはっきりと見える瞬間」があった。

 

この感覚があれば、まだ試せることがあると思える。そんな2月某日。

2歳目前で...

2018/04/09

皆様こんにちわ、です。

 

本日は、先日お伝えしましたひなたんの体調についての続き...

 

ここ数日、ずっと熱が上がったり下がったりで体調が良くないひなたん...


どうやら熱は下がったようなのですが...

 

 

 

 

 

 

 

顔や身体に赤いプツプツが...

 

 

 

 


ん?...

 

 

 

 


2歳目前にして、今更まさかの「突発性発疹」!?


通常1歳までにかかる子供がほとんどとの事なのですが、ひなたんはワイフの母乳パワーやしらすパワーがあって全く病気などがありませんでしたf^_^;


なので、大半の子どもがなるとは聞いていましたが、ひなたんはならないんだと思っておりました。


それが2歳目前になってかかるとは...( ̄Д ̄;;


昨日お伝えしました「なっちゃん」誕生に伴い、ワイフがいないので寂しくて元気が無いのかと思っておりましたが、どうやらそれとはちょっと違い、何かにつけて機嫌が悪い...


突発性発疹の症状に...熱が下がり発疹が出る頃、不機嫌になることが多い(某サイト参照)


ん~...思い返せばここ数日ひなたん「うぅ~うぅ~」と怒ったり、叩いたりよくするなぁ...


違う症状がでればもちろん病院に連れていきますが、多分突発性発疹だと思います。

 

f:id:chibihinatan:20161118115352j:plain


発疹はありますが、元気に布団とたわむれております。


発疹が引いて、そのまま良くなってくれることを信じてます(>_<)

小島慶子の本を3冊、この1週間で読んだ。
歯科医院に行くたびに読んでいたVERYで唯一、
楽しめるのは小島慶子のエッセイ。
それなら、いっそ書籍化されたものを読んでみよう!と買ってみた。
私が読んだ3冊の中で、一番考えさせられたのは『女たちの和平交渉』

 

 

女たちの和平交渉 (VERY BOOKS)

女たちの和平交渉 (VERY BOOKS)

  • 作者: 小島慶子
  • 出版社/メーカー: 光文社
  • 発売日: 2016/07/05
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 

 

彼女のVERYのエッセイも、VERYでこれを書いていいのか?
私立小学校や私立中学受験を当然とするVERYの中で
受験に懐疑的で、その上、海外移住までしてしまった彼女の視点や
ズケズケくる物言いに、「あぁ~、スッキリ!!」と思っていた。

でも、一冊の本にまとまってみたら、
なんだか彼女の悩みが垣間見えて、考え込んでしまった。
英語と算数だけできればいいと思いながら、日本の教育を捨て、
日本で出稼ぎをするためこどもと離れる期間も多い海外移住。
その上、こどもは思ったようには育たない、
あぁ…わかるわ!と思わずに読める母親なんているのだろうか。
いましかないとわかっている子どもたちの子ども時代、
どうすればいいのがすべての親が悪戦苦闘しながら
最善の選択を・・・と言いたいところだけれど、
経済的な問題などもあって、より良い選択をしている。

中学受験をして私立中学に進んだ彼女がこどもを公立に行かせる、
それはきっと経済的なものではなく、
玉石混合をこどもに教えたかったのかな。
玉石混合どころか常に泥仕合のような公立小学校を見ていると
経済的に余裕があれば、私立中学へ行かせたい!
と私は思ってしまったりするけれど。

つい、「こーんなに必死に親はやってます!」アピールをしてしまうけれど、
きっと子供が大きくなったら、「あのときは、あれが嫌だった」と
言われる。それもわかっていながら、
決断している彼女の一本筋が通った考え方は清々しいなぁとすら思えた。

彼女の文章、各種、キレがあって、素敵でしたが、
一番、「それな!それ!!」と強く賛同したくなったのがこの文章。

 

 

女のように子育てするのがイクメンじゃないのです。イクメンよ、
子育てレースに参戦するな!絵になるような子育てに疲れ果てた妻たちを
見てほしい。完全武装の妻を裸にするのがあなたの仕事。
一緒に洗濯物を畳みながら、ママ友なんて気にするなよ、
俺がいるんだから、と肩を抱けるのは、世界にあなただけなのです。

 

 

夫婦で同じ価値観を持ち、同じ目標に向かって邁進する、
それはきっと素敵な夫婦の形なのだろうけれど、
そのしんどさは計り知れない。
ダメだし、批判、非難する人々はそれこそ星の数ほどいるんだから、
夫くらいなにも言わずに妻の肩を持ってほしい。
「どこで失敗した?」と思わずにはいられないとき、
「失敗してない!気にするな!」と言うことが夫の仕事だと私も思う。

夫にそう話すと、「俺もメイさんに求めているのは同じことやで。」
と言われた。
「そうか…」と黙って私は手を出した。
「有料かい!!」と夫が突っ込んだ。
世知辛い世の中ですから。

 

 

 

 


にほんブログ村